母子家庭 医療費

母子家庭 医療費

小さい子どもはすぐに熱を出すし、ママはハードワークだし、場合によっては食費を切り詰めることもあるし…母子家庭では健康面がなにかと不安なものですね。でも、医療費がかかるからといって病院に行かないでいるとますます大変なことになっちゃう。

カラダが資本だもの、怪我や病気はしっかり治したい!

シングルマザー転職

 

仕事・家事・育児をひとりでこなさなければならないシングルマザーにとって、心身の健康はとっても大切。

 

怪我や病気をしてしまったら、早めに病院で適切な治療をしてもらって健康を取り戻したいですよね。

 

また、小さい子どもがいると何かと病院にかかる機会が多いものですね。今回は、母子家庭で受けられる医療費免除制度についてご紹介していきます。

 

医療費助成制度

シングルマザー転職

 

18歳になってから最初の3月31日(もしくは高校3年生の年度末まで)の子を養育する母子・父子家庭、両親が居ない児童を養育する家庭を対象に、国民健康保険料の自己負担分を助成するものです。助成の対象は以下のとおりとなります。

 

・父母が離婚・死別した後、どちらか1人の親と生活する児童 

 

・父もしくは母が重度の障害を持っている児童 

 

・父もしくは母が生死不明な児童 

 

・父もしくは母が1年以上拘禁されている、あるいは遺棄されて1年以上経過している児童

 

・結婚によらず生まれ、父もしくは母と暮らしていない児童

 

助成を受ける方法と注意点は?

シングルマザー転職

 

病院にいったとき、保険証や診察券といっしょに自治体で発行される福祉医療費受給者証(自治体によって名称が異なる場合あり)を提出します。

 

【注意点】
・お住まいの都道府県以外の病院で受診した場合は、いったん自己負担分を払わなければなりません。(後日領収書を持って自治体の医療保険課に申請すれば戻ってきます)

 

・各種予防接種は自己負担となります。

 

・世帯で一定以上の収入を得ている場合、もしくは生活保護世帯では、医療費助成を受けることはできません。